マーケットプレイスの決済をシンプルに。

マーケットプレイスに必要なすべてのことを、PAY.JPがかんたんにします。
CS-Cartマーケットプレイス版はPAY.JP Platformに対応しました。
(4.10.4-jp-1以降に対応)

PAY.JP Platform 概要

PAY.JP Platformの特徴

マーケットプレイスにクレジットカード決済をかんたんに導入できるサービスです。出店者への精算業務、出店者審査・管理といった面倒な業務を効率化し、安価な料金体系で決済を導入することが可能です。

料金体系

わかりやすく透明な料金体系で、あなたのビジネスを支援します。
決済手数料以外の初期費用、トランザクション処理料、その他手数料は一切ありません。

ベーシックプラン

初期費用・月額費用一切なしのベーシックなプラン
クレジットカード決済額が月額250万円以下の方におすすめ

費用 ¥ 0

手数料

入金サイクル(月1回)

  • 末締め/翌月末払い

プロプラン

月額費用1万円で手数料が安く、入金サイクルが早くなるプラン
クレジットカード決済額が月額250万円を超える方におすすめ

費用 ¥ 10,000

手数料

入金サイクル(月2回)

  • 15日締め/当月末払い
  • 末締め/翌月15日払い

入金業務の効率化

入金精算の管理・運用をPAY.JPがすべて担います。
店舗への入金を効率化し、ビジネスに必要な面倒な業務を取っ払います

シンプルな店舗管理

必要な店舗の審査・管理をPAY.JPが実施します。登録された店舗はAPI・管理画面で効率的に管理することができます。

出品者の審査をCS.Cart管理画面から行うことができます。
審査期間は、Visa/Mastercardで約1週間です。

顧客管理でシームレスな決済を

PAY.JP Platformの中で、出品者をまたいだ同一顧客による決済が可能です。購入者は出品者ごとにカード番号を入れる必要はありません。

利用開始までの流れ

アカウント登録

1)PAY.JPアカウントを登録してください。
2)その後、PAY.JP Platform サービス利用申し込みフォームより利用申請を行ってください。

アドオンの入手はCS-Cartのお問い合わせフォームからお申し付けください。

本番利用申請

サービス名、URLなどを入力し、本番申請をしていただきます。Marketplace 型アカウントの場合、審査を通過するまでは、下記の利用に制限がかかるためご注意ください。

  • 本番環境でのすべての操作
    (API・ダッシュボード)

アドオンの設定

本番申請が可決されると本番利用が可能です。PAY.JP Platform接続用のアドオンの設定を行ってください。(アドオンが同梱されていない場合はお問い合わせください)

アドオンの初期設定方法

APIキーの入手

PAY.JPの管理画面にログインし、「API」の項目から「秘密鍵」と「公開鍵」が取得できます。テスト用と本番用が用意されていますので、必要に応じて項目を控えてください。

アドオンの設定

1で入手した公開鍵と秘密鍵をCS-Cartの管理画面>アドオン>アドオンの管理に進み、リストからPAY.JP Platform 決済アドオンの名称をクリックします。ここにそれぞれのキーを入力してください。(保存ボタンを押して完了)

支払い方法の設定

次にCS-Cartの管理画面>一般設定>支払い方法 に進みます。
右上の追加ボタンを押すか、既存の項目をクリックします。

  • 名称:任意に決めることができます「クレジットカード決済」などに設定してください。
  • 決済代行業者:リストの中から「PAY.JP Platform」を選択してください。
  • 詳細設定のタブでは認証(与信のみ)か支払い確定(即時請求)を選択っできます

設定は以上です。

加盟店(出品者)の追加・設定

加盟店(出品者)の追加を行います。
CS-Cartの管理画面>出品者>出品者へ進み、目的の出品者の編集画面を開きます。「PAY.JP Platform」タブに代金の振込先口座情報を入力します。

なお、この情報の入力は出品者自身で登録・変更することも可能です。(出品者管理画面>出品者>出品者)

※ここで入力されたデータは、 PAY.JP Platform に送信され審査が行われます。

PAY.JPとの接続のためのアドオンはこちらのフォームよりお申し付けください。

アドオンを入手