制作会社様インタビュー(開発パートナー)
エスアイマネジメント株式会社様

最近はBtoB案件でもCS-Cartを活用しています。

こちらの記事はCS-Cartを使ったECサイト構築経験の豊富な制作会社様にお話を伺い、CS-Cartの活用方法や最近のECサイトのトレンドなどをお聞きするインタビューになります。

今回は エスアイマネジメント株式会社 代表取締役 藤村 基寛 さんにお話を伺いました。

– エスアイマネジメント株式会社(以下、SIM社)の概要についてお聞かせください。

ECサイトなどの新規システム開発や、業種別販売管理システムやホテルの宿泊予約・フロント会計といった様々なパッケージ製品の開発・販売を行っています。

コンピュータシステム・OA機器・通信機器等の導入企画・販売なども含め、あらゆる面からお客様の問題解決をお手伝いできることが当社の強みです。

なお、通信販売業者様向けには販売管理システムのライト版、通常版を用意しており、サイト構築と同時にお使いいただくお客様が増えました。CS-Cartと連携できるWeb版の構築にも着手しています。

また、変わり種のパッケージとしては、寺院・霊園総合管理管理(Web版)、納骨堂総合管理管理(Web版)、マンション管理組合向け管理システム等々を取り扱っています。

– お客様のCS-Cartの評価はいかがでしょうか?

評価は非常に高いです。

ただし、バージョン2系の頃は過渡期で自力で解析をするしかなく、コアまで踏み込んだカスタマイズについてフロッグマンオフィスさん(注 : 取材時点でのCS-Cart日本語版開発・販売会社)に相当聞き込みました。

現在はアドオンを作るだけでコアに手を入れることはなくなっています。

それはセキュリティパッチの当てやすさなどの理由もありますし、CS-Cart自体がそれで十分拡張できるようになったというのもあります。

最近ではアドオンとしてリアルタイムの売れ筋商品情報を出したいと言った要望がありました。

– CS-Cartを導入するお客様は、どのような方でしょうか?

当初は、デザイン会社からの依頼が多かったですね。

コーポレートサイトとECサイトを両方作りたいというお客様からの依頼もあります。CS-Cartでは、その両方が対応できるのがいいです。

また、弊社はバックヤードの在庫管理と通販業務システムがあり、CS-Cartと連携できます。

このバックヤードとCS-Cartを導入すると、これまで電話やFAXなどアナログな仕組みしかなかった企業でもCS-Cartをフロントに、バックヤードまで含めた効率的な運用が可能になります。

最近では店舗を持たないお客様が増えています。何社か取引していますが、事業計画や販売の仕掛けが上手です。

店舗ではなく、まずWebサイトありきでショップを展開するにあたり、CS-Cartを導入して運用まで含めてお客様と一緒に考えています。

– スマートフォンの利用動向はどうでしょうか?

最近CS-Cartを導入したお客さんの動向では、スマホのビューが圧倒的に増えています。

反面、実際に購入するのはPCからの方が多いようです。

そういう意味では、ECサイトのマルチデバイス対応は必須と言えますね。

– 最近はCS-Cartをどう使われていますか?

お客様によってはカスタマイズせずにそのまま導入することもありますが、その場合は我々はノータッチです。

私たちが最近手がけるのが多いのはBtoCではなくBtoBになります。

かなり手を入れないとなりませんが、CS-Cartで運用できます。

自動発注まで対応させた案件もありますね。

システムを利用する担当者にとって、見慣れたECサイトと同じ雰囲気で使えるのでヘルプもいらないですし、すぐに使いこなせるのが大きな利点です。

先日は売り先が海外になるお客様についてマルチランゲージ機能で提案しました。

この場合はデフォルトを英語で作成し、その後多言語に翻訳するというアプローチをとりました。

お客様「良いものを、早く」提供したいということであれば、CS-Cartは大変良いものだと思います。

実際、CS-Cartは他と比べてコストパフォーマンスがまず違います。

さらにフロッグマンオフィスとの連携もあるため、安心して使ってもらえると思います。

– CS-Cartへの要望はありますか?

ガラケーの対応が困りどころですね。シェアは減っているとは言え、実際のところなくなっていないのです。ニーズはこれからもあると思います。

– インタビュー後記

藤村社長率いるエスアイマネジメント社では、お客様のニーズを的確に捉え、CS-Cartを存分に利用しています。

BtoBでの運用まで考えた、藤村社長の取り組みには大変興味深いものがあります。

今後もCS-Cartを使っての活躍を期待しています。

http://www.si-m.com/