「うつわ、ごはん、暮らしの倉庫」様は手仕事の食器類を扱うネットショップです。 今回は東京都台東区にあるオフィスにお邪魔して、オーナーの荷福千明さんにCS-Cartとの出会いや実際に使用した印象などをお聞きしました。

「うつわ、ごはん、暮らしの倉庫」Webサイトにアクセス

– 「うつわ、ごはん、暮らしの倉庫」様の事業内容についてお聞かせください。

日本の陶芸作家さんや窯元さんと直接契約し、買い付けた手仕事の器や道具をオンラインで販売しています。

単なる物販サイトではなく、作家さんの特集記事や、実際に器に料理を盛り付けた日々の食卓の紹介など、オンラインメディアとしての情報発信も行っています。

また、期間限定で実店舗をオープンしたり「季節の料理と器」をテーマにしたワークショップを開催するなど、オフラインでの活動も行っています。

– 食器を扱うネットショップをオープンしたきっかけを教えてください。

カフェの運営全般や海外の食材の買い付けなど、学生時代から食に携わる仕事に関わってきたなかで、「将来は自分のお店を持ちたい」という思いを持つようになりました。

妊娠・出産を機に輸入食材の会社を退社した後に、「自分のお店を持つ」ための第1歩として、ネットショップを立ち上げることにしました。

– 経歴からすると「飲食や食材系のビジネスを手がけるのでは?」と思いますが、なぜ器を扱うショップを?

「自分の興味がある分野で、今の自分にできることは何か?」を考えたときに、たどり着いたのが食器のオンライン販売でした。

子育てをしていると働ける時間が制限されますし、子供の急な発熱など突発的な出来事も日常茶飯事です。

そのような状況でいきなり飲食ビジネスを始めるのは無理ですし、賞味期限がある食材を扱うのも難しいです。

その点、食器には賞味期限はありませんし、はやり廃りのサイクルも緩やかです。

また、食器は作家性が強く出る商品であり、その特徴やおすすめの使い方を提案することには意義があると考えました。

– ネットショップを立ち上げる際に、どのようなソリューションが候補に挙がりましたか?

ASPタイプのものであれば「カラーミーショップ」と「おちゃのこネット」、 パッケージ製品であれば「CS-Cart」「WelCart」「WooCommerce」「Magento」「Zen-Cart」ですね。

– ソリューションを選ぶ際の要件などはありましたか?

重視していたのは以下のようなものです。

  • 「多言語対応」
  • 「デザインの自由度」
  • 「デザイン・設定変更の容易さ」
  • 「運用のしやすさ」
  • 「ドキュメント・サポートの充実度」

将来的に海外のお客様への販売も考えていますので、多言語に対応していることが必須条件でした。

また、日本語の情報やサポートが充実していることも重視しました。

– CS-Cartを採用することになった決め手は何でしょうか?

しっかり多言語対応されていたこと加え、コーディングができなくてもある程度カスタマイズできることが決め手になりました。

カスタマイズに必要なドキュメントが少ない点は気になりましたが、日本語でサポートを受けられるので採用の障害にはなりませんでした。

– 実際にCS-Cartを利用してみてよかった点を教えてください。

ページレイアウトをドラッグ&ドロップで変更できるレイアウトエディターが一番気に入りました。

コーディングができないショップオーナーでも、管理画面を使って自分の要望をすぐにショップに反映できるのは嬉しいですね。

また、ポイントシステムや多様な決済方法など、CS-Cartはとにかく機能が豊富です。

やりたいことが一通りできるのでショップ立ち上げに関する時間やコストを抑えることができました。

– 逆に、ここはもっと改善してほしい、という点はありますか?

ドキュメントをもっと充実してほしいです。

特に逆引き形式でのFAQや、海外向け販売のノウハウをまとめたサイトがあると助かります。

また、有償で販売されているアドオンの具体的な挙動を確認できるデモサイトが欲しいです。事前に動作を確認できないと、購入を躊躇してしまいます。

– CS-Cartの利用を検討中の方に向けて、CS-Cart活用のコツなどがあれば教えてください。

CS-Cartは「ちょっとネットショップをやってみたい」という人ではなく、機能やデザインにこだわって本気でECに取り組みたい方に向いていると思います。

また、こだわるとしても、ショップの立ち上げを全てオーナーさん自身でやるのではなく、譲れない部分だけ自分でやって、他の部分についてはWebの製作会社さんなどプロの力をうまく取り入れるのがコツのように感じます。

ASPを「誰でも乗れるけど、チューニングに制限があるファミリーカー」だとすると、CS-Cartは「かなり自由度の高いチューニングができる、上級者向けレース仕様車」のように感じます。

– CS-Cartへの今後の要望をお聞かせください。

今後、取り扱い商品の拡大や実店舗の展開を予定しています。

物販だけでなく情報提供も行うWebサイト「うつわ、ごはん、暮らしの倉庫」はお客様との接点となる極めて重要なチャネルです。

CS-CartはWebサイトの基盤システムとして、ビジネスをしっかり後方支援いただければと思います。

– 最後に、当記事をご覧の方へのメッセージがあればお聞かせ下さい。

これまでお話ししてきたように、CS-Cartは大変素晴らしいパッケージです。

ECをこれから始める方、運営している方には是非検討されることを おすすめします。

また、宣伝になってしまいますが、当店では、特に女性の方に喜ばれる 商品を多く取り扱っており、色々なご要望に対応できます。

ご家族、お得意様、お取引様あて贈り物などでお困りの際はぜひご相談下さい。

– インタビュー後記

まるで雑誌のように美しくまとめられた「うつわ、ごはん、暮らしの倉庫」。

「将来の目標に向けての第一歩として、『自分の興味がある分野で、今の自分にできることは何か?』を考え抜いて立ち上げた」というお話がとても印象的でした。

目標実現に向けて少しでもお役に立てるよう、CS-Cartは今後も多機能・高品質なECソリューションの提供とドキュメントの整備に注力してまいります。

うつわ、ごはん、暮らしの倉庫
http://so-co.jp/