MENU

どっちを選ぶ? マーケットプレイス版 vs モール版 徹底比較

CS-Cartマーケットプレイス版とモール版の違いについて詳しく解説します。

まずはマーケットプレイスとECモールの違いを理解しよう!

その名が示すとおり、マーケットプレイス版はオンラインマーケットプレイス、モール版はECモールの運営を想定して設計されています。

そのため、まずはマーケットプレイスとECモールの違いについて理解する必要があります。

「複数の売り手が登録した商品を購入できるプラットフォーム」という意味では、マーケットプレイスもECモールも同じです。それでは、いったい何が違うのでしょうか?

マーケットプレイスとECモールの主な違いは、

  • ユーザーが売り手の存在を意識するか
  • 売り手がプラットフォームから与えられる裁量の大きさ

の2点です。

マーケットプレイスとECモールの比較表

売り手の扱い売り手によるデザイン調整やセール開催代表例
マーケットプレイス出品者・セラーほぼできないAmazon Marketplace、メルカリ
ECモール出店者・テナントある程度可能楽天、ZOZOTOWN

マーケットプレイス

マーケットプレイスでは、売り手は「出品者、セラー」として商品を「出品」します。

スーパーマーケットに自らの商品を並べて販売してもらうイメージに近く、Amazonやメルカリがマーケットプレイスの代表的な存在です。

デザインやキャンペーンなどで売り手の個性を出すことはほとんどできません。登録した商品は、プラットフォーム共通のレイアウトで他の売り手の商品と同列に並べられて販売されます。

そのため、マーケットプレイスで商品を購入する場合、「Amazonで買った」「メルカリで買った」という感覚を持つユーザーが大半であり、実際の売り手についてはあまり意識されません。

売り手の裁量は小さいですが、商品を登録するだけですぐにネット通販を開始できるというメリットがあります。

ECモール

ECモールでは、売り手は「出店者、テナント」としてモール内にストアを「出店」します。

施設内に各テナントのショップが入居している、デパートやモールといった大型商業施設に近いイメージであり、楽天やPaypayモール、ZOZOTOWNなどがECモールの代表的な存在です。

各テナント毎のストアページが用意され、独自ECサイトほどではないものの、ある程度自由にデザインできます。

そのため、ECモールで商品を購入する場合は、「ZOZOTOWNのXXXというストアで買った」というように、ユーザーはプラットフォームだけでなく売り手であるストアの存在も意識する割合が高くなります。

ストアデザインの他に独自の割引キャンペーンを展開できるプラットフォームもあり、商品単体だけでなくストアとしての特色を活かして販売したい売り手に向いています。

CS-Cartマーケットプレイス版とモール版の比較

ここからはCS-Cartマーケットプレイス版とモール版の違いについて解説します。

一言で説明すると、モール版は「マーケットプレイス版の上位バージョン」です。

モール版ではマーケットプレイス版のすべての機能に加え、モール版だけで利用できる7つの機能が搭載されています。

モール版専用機能 (1) : ストアの個性をアピールできるデザイン

売り手がモール内に小さな店舗を構えるように、自身をアピールできるデザインが採用されています。
マーケットプレイス版とモール版のデザインの違いがよく分かるのが、各売り手(マーケットプレイス版では「出品者」、モール版では「ストア」)毎に用意されるページです。

マーケットプレイス版の出品者ページ

売り手は商品を提供する「出品者」として扱われます。
出品者名はパンくずリストにのみ表示され、他の出品者と違いが出せるのはロゴ画像くらいしかありません。
あくまで商品が中心であり、各出品者の存在をあまり意識させないデザインとなっています。

モール版のストアページ

売り手は店舗を「出店」する「ストア」として扱われます。各ストアのページでは、ロゴだけでなくヘッダーの背景色を指定できるほか、ストア名や説明文、イメージ画像を表示できます。また、プラットフォーム共通のヘッダーを最小化して目立たなくするなど※、各ストアの個性をアピールしやすいデザインとなっています。

※この構成はご自身でカスタマイズ可能です。

モール版専用機能 (2) : ストア単位でのキャンペーン

ユーザーがお気に入りのストアを登録し、すぐにアクセスできる「お気に入りストア」機能を利用できます。
売り手が「出品」ではなく「出店」するECモールでは、商品ではなくストアのファンを増やすことが重要です。

モール版専用機能 (3) : お気に入りストア機能

売り手が「出品」ではなく「出店」するECモールでは、商品ではなくストアのファンを増やすことが重要です。

モール版ではユーザーがお気に入りのストアを登録し、すぐにアクセスできる「お気に入りストア」機能を利用できます。

モール版専用機能 (4) : ストア概要ページ

  • ストア名、連絡先
  • 運営会社概要
  • 送料・お届け方法
  • 返品・交換に関する説明

をまとめたストア概要ページを作成できます。

モール版専用機能 (5) : 相乗り出品

ECモールの運営者が登録した商品を、価格と在庫数を設定するだけで各ストアが販売できる機能です。

例)古書を販売するサイトでモール管理者は「小説A」を登録し、各ストアは状態などに応じて価格や在庫数を設定。お客様は価格を比較して購入できます。

モール版専用機能 (6) : カテゴリー別取引手数料

ECモールの運営者が各ストアから徴収する取引手数料の料率を、商品カテゴリー毎に設定できます。

利幅の大きいカテゴリーの商品にのみ高めの料率を設定するなど、取引手数料に柔軟性を持たせることができます。

モール版専用機能 (7) : ドロワーメニュー

画面右上のハンバーガーメニューをクリックするとメニューが表示され、必要なページにすばやくアクセスできます。

表示するメニューは管理画面から変更できます。

違いを理解してプラットフォームに合った製品を選ぼう

マーケットプレイスとECモールの違いがわかると、自社の企画するプラットフォームに合った製品を選ぶことができます。

プラットフォーム上の売り手を「出品者」として扱い、統一されたデザインで商品を販売したい場合はマーケットプレイス版を、売り手を「出店者、テナント」として扱い、各テナントがプラットフォーム内にストアを構える場合にはモール版の利用をおすすめします。